第一回近江狐篷庵遠州茶会

2018.11.4

【日時】2018年11月4日(日)
【会場】近江狐篷庵

平成29年の全国大会を担当した滋賀県遠州流茶道支部連合会(長浜、浅井、滋賀湖風、淡海支部)が、長浜市にある遠州公の菩提寺・近江狐篷庵で、第一回近江狐篷庵遠州茶会を行いました。
早朝には、支部員で遠州公の墓前に参詣し、本堂では小堀泰道住職の読経で遠州公の尊像への供茶が行われました。
茶会に先立ち、太田浩司学芸専門監(長浜市市民協働部)による記念講演「東海道旅日記を読む~遠州の旅情の世界~」が開催されました。
茶会は、長浜市長を始め、他流派の方も含めて約200名のお客さまが参加されました。
流祖の生誕地長浜で初めての試みとなった遠州茶会。地域の茶道文化にも寄与する意義深い茶会となりました。